橋本工務店 HASHIMOTO KOMUTEN

イベント

木摺り2019.02.09

 

新所原の現場では、杉の外壁が張られました(笑)

 

というのは冗談で、そとん壁の下地の木摺りになります。

 

でも、こんな外壁があってもカッコいいですよね。

 

私はこの瞬間の雰囲気が大好きです。

 

実際には、この木摺りの上にフェルトとラス網を張るんですが、

 

同じ外壁の納め方でも、木摺りを張らずに補助胴縁を打つだけで

 

フェルトとラスを張って納める方法もあるんですよ。

 

橋本工務店としては、手間は掛かりますが昔ながらの工法で

 

納めるようにしています。

 

家造りに対して手間を掛ける事を惜しまないように心掛けています。

 

そとん壁のかき落とし仕上げがとても楽しみです。

 

 

板庇上の雨水の吸い上げを防ぐために、庇の上に少し隙間を空けて

 

毛細管現象で、庇の上の雨水を吸い上げない工夫をしています。

 

自然素材の外壁ならではのこういった工夫も大事ですよね。

 

外部の大工工事は概ね終了したので来週から、内部のプラスターボード張りをしていく予定です。

 

 

                                   橋本工務店  加藤