橋本工務店 HASHIMOTO KOMUTEN

こだわりConcept

橋本工務店がこだわる家づくりと人づくり

私たち橋本工務店は、浜松市の工務店として地域に根ざした工務店です。
しかし、日本伝統の良き技を守りながら全国屈指の工務店になるという気概を持ち日々取り組んでいます。
継承されてきた技と現代の技術、そして柔軟に対応できるデザイン性で
お客様のライフスタイルに合う家を「本物の手仕事」で1つ1つ丁寧に作りあげます。
また、家を作るのは「人」です。本物の家づくりができる「人」を育て上げることも
橋本工務店の使命だと感じ日々技術力や提案力の強化にも力をいれています。

ph01
ph02ph03

社員大工にこだわる家づくりThe housing of which a staff carpenter thinks importantly

昭和48年創業の橋本工務店は、建てるときだけ職人を集めてくる家づくりではなく、「社員大工」の家づくりを貫いています。
大工の親方だった先代から、技術はもちろん、責任感や人間としてのあり方も厳しく仕込まれ、若手大工たちもその職人スピリッツをしっかりと受け継いでいます。

木と対話し、遠州の気候風土を知ることから私たちの家づくりは始まります。細かい仕事をきちんとこなせるかどうかで、家の仕上がりは変わってきます。

感謝の気持ちを忘れず、一棟一棟心を込めて、お客様に喜んでいただける仕事をする。それが橋本工務店のこだわりです。作り手の“大工の顔が見える”ことで、お客様も安心してお任せいただけると思います。

ph04

技術×素材×快適環境「外張断熱」の融合Technical X material X comfortable environmentFusion of  “Exterior insulation”

橋本工務店の家は、すべての構造材、内装材に国産の天竜杉を使用します。1本1本個性の違う“木”の特性を見極め、手仕事で加工する「手刻み」によって強度の高い家を丁寧に作りあげます。本物の素材で作られた家は、年月が経っても色褪せず、住むほどに味わいを増していきます。
そんな伝統技術にプラスして、お客様が年中快適な環境で暮らして欲しいという想いから、柱の外側から家全体をすっぽりと包みこんで断熱する「外張断熱工法」を採用しています。断熱性・気密性が高く、外部からの温度の影響を受けにくいので、エアコンに頼り過ぎることなく、夏も冬も快適に過ごすことができ省エネにも繋がります。
大工の伝統技術によって加工された天然の木々が、断熱性・耐震性・省エネ性にすぐれた最高品質の家に生まれ変わります。

若い大工を本物の大工に育てたい!I'd like to train a young carpenter as a real carpenter!

高齢化が進む日本の大工職人の現場。1980年代には100万人ほどいた大工は、2010年に39万7千人にまで減少し、2050年には約5万にまで減ると推測されています。しかも、全員が高い技術力を必要とする木造建築ができる訳ではありません。一人前の大工になるまでには最低でも10年はかかると言われます。社員大工を抱える=会社にとってのリスクととらえ、多くの住宅会社は下請け会社へ施工を依頼します。その結果、お客様は自分の家を建ててくれる大工の顔や名前さえ知らないことが当たり前になってしまいました。

橋本工務店は創業以来、「社員大工」を育て続けている数少ない工務店です。熟練大工が若い大工を指導し、確かな伝統技術を継承しています。若い大工を育てることで、顔の見える安心の家づくりはもちろん、地域社会から必要とされる工務店になることを目指しています。

txt01

STAFF|スタッフ紹介をチェック